« ミツワモデル ミニチュアルーム (昭和レトロタイプ) がやってきた! | トップページ | ミニチュアルームとねんどろいどで遊んでみよう! »

2008年4月 4日 (金)

新世紀エヴァンゲリオン EXスクール水着フィギュア 二種類の造形を比べると。

今日はSEGAのプライズシリーズから、新世紀エヴァンゲリオン EXスクール水着フィギュアです。このフィギュアは、原型がチェリーブロッサムの桜坂美紀氏で、SEGAのプライズの中では、ある意味鉄板だったのですが、そのためか色換え、改修が何度も施され、2004年の最初のバージョンから毎年のようにリリースされていました。

このフィギュアシリーズで珍しかったのが、原型師は桜坂氏のままで、作風をガラリと変化させてリリースされたことですね。

記憶が正しければ最初に桜坂氏のいつもの作風で紺スク水Ver、白スク水Verとリリースされ、そして次に出たのが、デザイン担当ぽよよんろっく氏のイラストイメージをそのまま造形した、feat.ぽよよんろっくVerでした。そしてこちらでも5月に白スク水Verがでますね。
(※余談ですが、白スク水っていったいどういう存在なんでしょう? 実際には存在しないでしょうし、いつのまにかスク水フィギュアのカラーバリエーションでは定番になっておりますが、、、)

桜坂美紀氏のフィギュアは、原型師の個性があるといいますか、特に顔をみると、「あ、これは桜坂氏の作品だな」と分かる作家性の強い原型師さんの一人だとおもっていたのですが、feat.ぽよよんろっくVerが出たときは、まさかコレが、前作と同じ桜坂氏の作品とは想像できませんでした。フィギュア原型師、恐るべし~。

では、早速それぞれのVerのご紹介ということで、交互にズラッとならべてみます。(白スクVerはありません)

Imag01 Imag05 Imag02_2 Imag06

 

 

 

Imag07 Imag03 Imag08 Imag04

 

 

 

個人的な好みでいえば、初期Verのほうが、ぽよよんろっくVerよりもお気に入りです。まぁ、スクール水着を着るには無理のあるごりっぱな体型ですけども~~、、、いやそれがよいのですよwww

う~ん、同じポーズをモチーフに同じ作家さんがこうも異なる個性をもったフィギュアを作れるとは、ホント感服してしまいます。

またあまりこういう試みは、特に完成品ではされないと思うので、そういう意味でも面白いフィギュアだと思います。

|

« ミツワモデル ミニチュアルーム (昭和レトロタイプ) がやってきた! | トップページ | ミニチュアルームとねんどろいどで遊んでみよう! »

フィギュア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009815/32997142

この記事へのトラックバック一覧です: 新世紀エヴァンゲリオン EXスクール水着フィギュア 二種類の造形を比べると。:

« ミツワモデル ミニチュアルーム (昭和レトロタイプ) がやってきた! | トップページ | ミニチュアルームとねんどろいどで遊んでみよう! »