« 「サンシャインはとうもろこし」説を検証してみる。 | トップページ | SEGAプライズ POP WONDERLAND ふしぎの国のアリス ヴィネッティアムキュート 泣き顔フィギュアは珍しい? »

2008年11月23日 (日)

オトモアイルー、冒険に出るの巻

天羅Blogさん、おーるいんふぃぎゅあさん、foo-bar-bazさん、 徒然Blogさん、 萌ライフぶろぐ 電波ゆんゆんさん、 logicerrorさん、 はっちゃかさん、よつばとフィギュアさん、 たいたんnoページさん、Escape to the Atmosphereさん、Nikupedia watchさん、DTM・シンセ めもんが φ(=ω=.)さん、あきばらいふさん、レビュー紹介ありがとうございました!

昨日、今日と山登りにオデカケしておりまして。ここのところ、他サイトさんでも野外でのフィギュア撮影がはやっているような気がする今日この頃。私も試してみようと思ったものの、「アウトドアなイベントに合うフィギュアって我が家にあったかしらん?」と悩みどころではありましたが、、、、

ここは一つ冒険のオトモにちょうどよいもの!ということでオトモアイルーに白羽の矢を立てましたですよ!

というわけで、オトモアイルーの冒険行の始まり~。

Rimg0004
出発の駅のホーム。朝日がまぶしいニャ。
冒険家は空気に敏感。日の出と共に行動するのニャ。

Rimg0007
電車を乗り継ぎ、東京の最奥地に到着。冒険家だらけだニャー。ここからはバスなのニャ。

Rimg0009
バスを降りると、そこは湖だったのニャ。ここからようやく足で歩き始めるニャ!

Rimg0010_2
ここから本番ニャ。モンスター(クマ)も出てくるとの警告が出ているニャ。気をつけて行くニャ。

Rimg0013_2
紅葉がキレイだニャ。

Rimg0019
しばらくは林の中をずんずん進むニャー。

Rimg0026
道しるべ発見ニャ! 目指すは東京最高峰だニャア!

Rimg0029
だいぶ上ってきたニャ。あれが有名な霊峰富士だニャ。うっすらと霞がかっているニャ~。

というわけでそろそろ山頂に近づいてきたニャ!

Rimg0047
というわけで山頂に付いたニャ! 連なる山々の向こうに富士が浮いていて幻想的ニャー。

Rimg0052
看板の上でも記念に撮るニャ。この山は山梨と埼玉と東京の県境にあるのでそれぞれの看板があるのニャー。

Rimg0055
この場所が本当の山頂、東京の最高地点2017mニャ。一等三角点で、設置は明治15年、内務省地理局ニャ。内務省という文字を日本で正式に見かけるのは珍しいニャー。冒険ならではだニャ!

Rimg0056
というわけで、今日の宿屋がここニャ。もう真っ暗だニャ。明日は再び山頂に昇ったあと、駅まで下山するニャー。

そして翌日。

Rimg0086
翌日の朝。東の空は曇っていて、朝日が見えず残念ニャ。とにかく今日も出発ニャー。

Rimg0091
朝日がドンドン昇ってきたニャ。雲が少しづつ晴れてきたニャー。

Rimg0093
再び山頂に着いたときには、快晴になったニャ!

Rimg0097
恐ろしく空気が澄み切って富士もはっきりと見えるニャ。上空は雲もなく真っ青ニャ!

Rimg0099
西に目を移すと遠くに白い山脈が見えるニャ。あれが有名な南アルプスニャー。

Rimg0101
一番目立つ看板も写真を撮るニャ。

さ、ここからは下山ニャー。

Rimg0114
しばらく歩いて振り返るニャ。一番奥にある高いところが登ってきた山で、山脈沿いを縦走してきたニャ~。

Rimg0127
道はこんな感じニャー。秋の山っぽくていい感じニャ。でも気温は地上よりも10度以上低くて寒いニャ!

Rimg0131
歩いている最中もずーっと富士が見えていて飽きないニャ!

Rimg0133
しばらく歩くとまたピーク。今度は二等三角点だニャ。さっきの東京最高峰に比べるとイマイチ地味ダニャー。

さてさて、ここから先はひたすら下山で特に面白くないのでここで写真はおしまいニャー。といってもここから5時間以上かかったのニャ。。。疲れたニャー。

というわけで、昨日今日と山に出かけていたのですが、フィギュアを使って記念撮影は結構目立ちますねw オトモアイルーはいかにもキャラクター然としているのでまだマシかもしれませんが~。いっそ、ねんどろミクや以前作った小型インターフェースでも持っていこうかと思ったのですが(ちなみに、このブログの最上部のSTEEDさんにいただいたイラストにも「オトモアイルー小長門」がいますw)、パーツをなくしそうでやめました。でも野外撮影も結構楽しいものですねw

というわけで、オトモアイルー、冒険に出るの巻でした。

|

« 「サンシャインはとうもろこし」説を検証してみる。 | トップページ | SEGAプライズ POP WONDERLAND ふしぎの国のアリス ヴィネッティアムキュート 泣き顔フィギュアは珍しい? »

野外撮影」カテゴリの記事

コメント

フィギュアが絡む写真だと何故か
楽しめてしまう。
(逆にフィギュアが写っていないと、
 余程好みの写真でもなければ
 見向きもしないワタシは、…)

投稿: やす | 2008年11月23日 (日) 22時15分

撮影した私も、普段は山でもそれほど写真を撮らないほうなのですが、
今回は大量に撮ってきてしまいました(一泊二日で100枚以上w)

普段のレビューのように、地面においてマクロ撮影していると、仲間からの「なにしてんのん」的視線が痛かったですねw

投稿: kent@hobby-toy-web | 2008年11月24日 (月) 08時52分

奥多摩、景色が非常にきれいデスねぇ~。
オトモアイルーも嬉しそう。今度は豚も連れてって
あげてください。

投稿: ニューラルジャ | 2008年11月24日 (月) 11時43分

>ニューラルジャさん
オトモアイルー。旅衣装なので山には良く合います。ブタは、、、海のほうがあうでしょうか?w

投稿: kent@hobby-toy-web | 2008年11月25日 (火) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009815/25598472

この記事へのトラックバック一覧です: オトモアイルー、冒険に出るの巻:

« 「サンシャインはとうもろこし」説を検証してみる。 | トップページ | SEGAプライズ POP WONDERLAND ふしぎの国のアリス ヴィネッティアムキュート 泣き顔フィギュアは珍しい? »