« 「MAX渡辺の激走」2/11(水) 「三嶋大社」 ~ 「小田原城」 の箱根越えに参加してきたぞ! 豪華すぎるサインボードは家宝にする! | トップページ | ついに花粉症のシーズン到来。鼻水ずびー。 »

2009年2月12日 (木)

K&M 新世紀エヴァンゲリオン エントリーカプセルシリーズ第壱集 超小型精巧アクションフィギュア!

よつばとフィギュアさん、 .30CAL CLUBさん、 foo-bar-bazさん、 徒然Blogさん、 萌ライフぶろぐ 電波ゆんゆんさん、 Escape to the Atmosphereさん、 はっちゃかさん、 レビュー紹介ありがとうございました!

本日は少し懐かしい2002年に発売になった品、海洋堂とムービックの提携によるK&Mシリーズより、K&M 新世紀エヴァンゲリオン エントリーカプセルシリーズ第壱集であります。

Rimg0329
サキエルと初号機の対決シーンも完全再現!

カプセルフィギュアというお手軽品にかかわらず、フルサイズのアクションフィギュアと同等レベルといってよいほどの可動を埋め込んだこのエントリーカプセルシリーズ。小型フィギュアに恐るべき精巧な造形を詰込みなおかつ可動までするという、これぞ当時の海洋堂の真骨頂といって良い品であったかと思います。チョコエッグとかも大人気の時代でしたしね~。

というわけでつらつらと紹介!

Rimg0319

Rimg0321
綾波ノーマルと包帯バージョン。かなりリアルよりの造形となっております。お顔は綾波としてはうーむといったところですが、このシリーズはあくまでリアル志向なのでこんなものでしょうか。それよりもプラグスーツが凄い。10cmに満たないサイズながら、パール塗装や細かなスミ入れまで完璧です。

Rimg0323
初号機パレットライフル。首、肩、腿、膝、腰と8箇所の可動部位。山口式可動の斜めに切り込みを入れられた独特の関節によりカッコイイポージングが難なく撮ることができます。
絶妙な塗装表現の美しさはエントリーカプセルシリーズでは当然のクオリティでした。

Rimg0324
オプションパーツのハンドガンを構える。スタンドなどはついていませんが、針金のアンビリカルケーブルで支えルことが出来ます。

Rimg0328
同じくオプションの国連機。以前紹介したSEGAのデフォルメ国連機とは流石に精巧さがちがう、、、とおもいましたが、向こうも案外よいできですw

Rimg0325
初号機ナイフ。どのようにポーズを取らせてもカッコよいのが山口式。これが発展するとリボルテックになるのです~。

Rimg0326
サキエル双頭Ver。いまだにこのサキエルよりカッコよいサキエルはでていないとおもっているのですが。この記事の冒頭の写真はこのサキエルにオプションパーツをさしたものです。

Rimg0330
横から見るとこんな感じ! 腰の捻りが絶妙!

Rimg0327
サキエルノーマル。手に持っているのは初号機の頭、、、ということでこちらも同様に!

Rimg0318
組み合わせるとこのように~~。うひょ~カッコイイ!

K&Mエントリーカプセルシリーズはこの第壱弾以降次々と恐るべきクオリティでシリーズ化されていったのでした。これからまた機会をみてそれらの品も紹介していきたいと思います。

、、というか、これまで不定期につづけていた、エヴァンゲリオンのなつかしのSEGAミニプライズ品がそろそろネタギレになってきたのが大きいのですけれどもww

というわけで、K&M 新世紀エヴァンゲリオン エントリーカプセルシリーズ第壱集 超小型精巧アクションフィギュア!でした。

|

« 「MAX渡辺の激走」2/11(水) 「三嶋大社」 ~ 「小田原城」 の箱根越えに参加してきたぞ! 豪華すぎるサインボードは家宝にする! | トップページ | ついに花粉症のシーズン到来。鼻水ずびー。 »

メカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009815/28024368

この記事へのトラックバック一覧です: K&M 新世紀エヴァンゲリオン エントリーカプセルシリーズ第壱集 超小型精巧アクションフィギュア!:

« 「MAX渡辺の激走」2/11(水) 「三嶋大社」 ~ 「小田原城」 の箱根越えに参加してきたぞ! 豪華すぎるサインボードは家宝にする! | トップページ | ついに花粉症のシーズン到来。鼻水ずびー。 »