« ぷちえう゛ぁ -えう゛ぁぐらし- 第六集 カヲルくんのキャストオフ仕様は腐女子の為かしらん? | トップページ | ぷちえう゛ぁ第六集の天使カヲルはそれほど危険なのか? »

2009年3月 8日 (日)

ニコ動の立体化の潮流は「非常に好ましい」 ネタ元の裾野は広がるか。

フィギュアクリップ補足ブログさんのところで、「フィギュア適当アンケート72 ニコ動の立体化の潮流は」というアンケートが行われておりますが、個人的には「好ましい」です。さらに上の「非常に好ましい」があれば間違いなくそれを選ぶところであります。

才能ある音楽・映像系クリエイターが自らの表現の場としてニコニコが使いやすいのなら、そして魅力ある作品がそこに集まっているのなら、完成品フィギュア業界が、ネタ元として利用する、あるいは作り手的にいうならば「立体化したい!」という欲求がでてくるのは当然のことだろうと思うのです。私自身もニコニコでみたキャラクタの立体を見たいと思うことはよくあります(そう思ってロードローラー レンをつくりました)。

ところで、多くの完成品フィギュアのネタ元作品は、これまではすでにアニメ、ノベル、ゲーム等で商業的に成功した作品であることが必要で、滅多なことでは同人的なキャラクタや原型師オリジナルのキャラクタが採用されることはありませんでした(ガレキ除く)。しかし今回、ニコニコで一ユーザがアップロードした動画、一ユーザが投稿したキャラクタ、すなわちワールドイズマインやブラックロックシューターがグッドスマイルカンパニーという一流メーカーの完成品フィギュアの題材として採用されたのです。完成品フィギュア化される元ネタの敷居がこれほど下がるのは、個人的には驚きでした。そして、それは私にとって強く望む方向なのです(あくまでも商業的な成功の敷居が、です。作品のレベルの敷居は、それこそニコニコで大流行するほどの高レベルな作品であることが必要でしょう)

私はいつも立体を見るときは「これがフィギュアになったか!」「こんな造形見たことない」という感動がほしいと思っています。完成品フィギュア業界、ネタ元が似たり寄ったりしてしまっている傾向があるとおもうのですが、そんな中だからこそいろんなジャンルのいろんな作品を見てみたいという欲求が強いのです。

だからこそ、今回のグッドスマイルカンパニーのニコ動立体化の潮流は、その多様化の壁を開いてくれるものになってくれるのではないかな、、、、いや、なってほしい。という思いも込めて、「非常に好ましい」のであります。

以下、余談ですが。

ニコ厨に対するフィギュア好きの一部感情は、多分、

・木やメタルが模型の素材の主流だったときにプラスチックモデラーが台頭してきたとき

・スケールモデルが主流だったときに、キャラクターモデル(ガンプラ)が台頭してきたとき

・怪獣やロボが主流だったWF会場に、美少女キャラクターが増えてきたとき、

・さまざまな美少女キャラクターやロボ、怪獣やミリタリーなど百花繚乱だったWF会場がエヴァ一色になったとき

・エヴァ一色だったWF会場が、エヴァのキャラの裸一色になったとき

・ガレキの祭典だったWF会場で、メーカー完成品の販売が大々的に行われるようになったとき

それぞれ新規参加者がやってきたときに、既存の参加者が感じたものと同じなのではないかな。とも思います。すなわち「フィギュア好きのイベント会場にフィギュアに興味がない人間もやってくるようになったとき」が今なのかもしれません。

時代は流れていくのでしょうし、それに乗っていくか、乗らないかは個人の判断でしょうけれど、ただ私は、「変わることは悪くなることではない」、と思うのであります。

以上、ニコ動の立体化の潮流は「非常に好ましい」でした。
フィギュアクリップ補足ブログさん、ネタ使わせてもらいました。ありがとうございました。

|

« ぷちえう゛ぁ -えう゛ぁぐらし- 第六集 カヲルくんのキャストオフ仕様は腐女子の為かしらん? | トップページ | ぷちえう゛ぁ第六集の天使カヲルはそれほど危険なのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

快気おめでとうございます!!
見事、復活なされ何よりです。
こらからも楽しい記事、楽しみにしておりますよ~^^

投稿: 邪虎丸 | 2009年3月 8日 (日) 02時24分

 こんにちはGUMPです。

回復おめでとうございます。え~完治ではないんですよね?

「フィギュア好きのイベント会場にフィギュアに興味がない人間もやってくるようになったとき」は私自身はあまり好ましくはないのです・・・興味があってきている方なら、不慣れな方であっても大歓迎なんですが、たまにイベントに参加している人たちを小馬鹿にするために来る人達は正直迷惑ですね。

 私も登録していますが「pixiv」でもお馴染み「huke」さんのオリジナルキャラクター「ブラックロックシューター」もフィギュア化され発売されるとの報を受けました。
ラノベやアニメ、コミックなど以外からの立体化は、私個人も面白いと思います。

 時代の流れは常に変わっているのですね~、自分を見失わないようにするので精一杯ですが。

投稿: GUMP | 2009年3月 8日 (日) 16時25分

>邪虎丸さん
ありがとうございます~!
とりあえずはといったところではありますが、更新再開いたしました。
ブログを始めてたった一年ですが、結構生活の一部になっていたようで、休止中は夜の時間をもてあましましたw
どうぞこれからもよろしくお願いします!

>GUMPさん
ありがとうございます~。
完治ではないですが、復帰OKといったところですね~。
今週病院に再度行くのですが、もう最後になりそうです。

わざわざ冷やかしに来る輩はどうしても嫌なものですし腹も立ちますが、そのジャンルが広がる過程で、避けられない道なのかもしれません。
そういう人も含めて、立体に興味ない人も足を運んでもらう、立体に触れてもらう、そして少しでも立体に興味を持ってもらうための、イベントでありニコ動立体化なんだと思います

どんな趣味でもまずその入り口の壁は大きく高いものですが、グッスマとマックスはその壁を打ち破るべく試行錯誤しているのでしょう。
私はその試みを応援したいと思います。

投稿: kent@hobby-toy-web | 2009年3月 9日 (月) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009815/28518885

この記事へのトラックバック一覧です: ニコ動の立体化の潮流は「非常に好ましい」 ネタ元の裾野は広がるか。:

« ぷちえう゛ぁ -えう゛ぁぐらし- 第六集 カヲルくんのキャストオフ仕様は腐女子の為かしらん? | トップページ | ぷちえう゛ぁ第六集の天使カヲルはそれほど危険なのか? »