« ヱヴァ破の全記録全集を手に入れたぞ! | トップページ | KUBRICK キューブリック ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 第5の使徒 新劇場版のシャムシェルは大変にキモい。 »

2010年9月26日 (日)

ダンボー、タチコマ、サキエル、北アルプスに登る。

おとといの夜から北アルプスの五竜岳登山に出かけておりました。

さて、当サイトでは毎度毎度山に出かけるときはフィギュアを持っていくのが恒例になっているのですが、今回はいつもとは趣向を変えて、複数体によるパーティーを結成してみました。

今回白羽の矢が立ったのは、、、

R0012280
朝焼けの雲海を望むこの3匹!

というわけで、リボルテックミニのダンボー、メガハウスのトコトコ タチコマ、そしてキューブリックのサキエル。今回の選抜テーマは「人外系」であります。特に理由はありませんが、フィギュアラックを見渡して目に入ったのがコイツラでしたw

R0012125
なんだかシュールな三体(三匹?三機?)

というわけでつらつらと~。

今回は金曜の夜に東京発、深夜に長野の白馬に到着。そして翌朝から八方尾根を登って唐松岳~五竜岳を縦走、そして遠見尾根で下山というルートでありました。

Hogehoge
金曜夜発の車の中で気合をみなぎらせるダンボー。ビカーン!

そして白馬の八方尾根下部のゴンドラ駐車場で仮眠。翌朝はまず腹ごしらえ。

R0012118
朝飯はカップラーメン。

R0012119
みんなでえっちらおっちら。

R0012123
コレが今回の装備。13kgくらい?

R0012124
まずはオリンピックのマークが眩しい駅からゴンドラに乗車。八方尾根は98年の長野五輪でスキー滑降のコースになりました。

R0012141
コレは楽チン。一気に高度を稼ぎます。

R0012144
山頂駅付近には牛が放牧。急斜面にいっぱい牛、牛、牛。

R0012159
山頂駅から目指す五竜岳を望む。奥の右側少し見えているのが目指す五竜岳。左の二つのピークが吊り尾根でつながっているのが、今回は行かない鹿島槍ヶ岳。

R0012160
下界を望むと、、、一気に上がってまいりました。大分寒いぞ!

というわけで出発!

R0012172
ピーカンのお天気の下、えっちらおっちら。

R0012173
正直歩き始めは暑かったです。

R0012171
白馬三山を望む。ちょっとガスってます。これがこの後、、、

このあと、ちんたらちんたらと3時間ほど歩いて、、、、

R0012184
唐松岳直下の唐松頂上山荘に到着。ここでお昼ご飯。

R0012187
どう見てもボンカレーなカレーライスを注文。しかし山の上で食う飯はどんなものでもおいしいのです!w

R0012188
ごちそうさまでした。

今日はこの後、唐松岳往復と、テント場である五竜山荘まで。残り行程は3、4時間ほど。まだまだですね~。

R0012189
とかなんとか、小屋でグダグダしていると一気に空が真っ白に。完全に雲の中です。

R0012192
数十メートル先が見えません。さっきの快晴はいずこへ。

R0012194
展望がいいはずの唐松岳山頂は真っ白~。

R0012195
太陽も完全にカサかぶっています。

こんな頂上はさっさと降りるに限ります。

R0012217
とかいってしばらく歩いて振り返るとさっきの唐松岳山頂が一気に晴れたり。なんやねん。

そして次は五竜岳に向かって後立山連峰を縦走開始。

R0012232
銃走路を望む。奥のやや雲がかかった山頂が五竜岳。今日はあの山の手前まで向かいます。

R0012245
途中に赤い実がついたナナカマドを発見。

R0012253
ガシガシ歩く!

とか行っているうちに、五竜山荘のテント場に到着。

R0012257
今日の行程は終了。つまみを食べながらビールごくごく。五臓六腑に染み渡る。

この後は夕飯を食べて寝るだけだったのですが、、、、この夜が寒いの何の。ダウンも含め5枚を羽織り、レインコートまで着込んで寝袋に入ったのに凍えて眠れませんでしたw 朝になったらテントに霜が張り付いていたり、外においていた水が凍っていたり。余裕で氷点下です。ひょええ。

そして眠れない夜が過ぎて、朝4時起床。

R0012262
ビカーン。朝飯作りにコンロに火をつけると一気にテント内の気温が上がります~!

外に出ると夜明け前。雲海が素晴らしい眺めです。

R0012272_2

R0012271
見渡す限り雲だらけ。

R0012282

R0012279
久々にきれいな雲海を見ました。

そして日没前に目の前の五竜岳にアタック。

R0012289
登っている最中に日の出です。

R0012293
目の前の五竜岳は朝日に照らされます。

R0012294
縦走してきた山々も真っ赤。

R0012295
登っている最中の仲間のシルエット。

R0012308
一時間ほど歩いて、もうすぐ山頂!

R0012309
山頂に到着! 昨日とは打って変わってものすごいいい天気で360度パノラマです!

R0012344_2
朝日を望む3匹。

R0012334

R0012351
いい眺めやねー。

というわけで、この後は下山するのみ。ここからあとはこの3匹の写真はないのでコレにて終了~。

前回のクライミングに比べるとエクストリーム度はかなり低めではありますが、ナカナカ見事な雲海の写真などはいい感じに撮れました。しかし本当に今回の山はなんといっても寒さ。 こんな寒い9月の山は久々です。だって外においていた水桶に2cmくらいの厚さの氷が張っていましたからね、、、、どんだけ寒いにょろ? 

ちなみに仲間に聞いたところ、就寝中に私はうなされていたそうです。いや寒くてうなされるって久々ですがw

というわけで、ダンボー、タチコマ、サキエル、北アルプスに登る。でした。

|

« ヱヴァ破の全記録全集を手に入れたぞ! | トップページ | KUBRICK キューブリック ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 第5の使徒 新劇場版のシャムシェルは大変にキモい。 »

野外撮影」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。

いい眺めですね~~。素晴らしい!
3匹(でいいのかな?)のシュール加減がまたたまりません。

雲海を眺めている姿は絵になりますよ。

投稿: Cony | 2010年9月26日 (日) 23時31分

まずは無事の下山、良かったです〜
素人の自分にはよくわかりませんが、随分過酷な登山だったようですね〜
しかし、雄大な自然の中で三匹?も少したくましくなったのではないでしょうかw

投稿: たん | 2010年9月27日 (月) 09時35分

はじめて投稿しまっす!
いつものかわいい&かっこいいフィギュアの写真とは
一味もニ味も違った素敵な山頂の写真で
とっても癒され感動しました!

なんかいいなぁこうゆう体験。憧れる。
フィギュアと一緒に写真が撮れるのも憧れる笑

本当にいい体験なされましたね!

投稿: のみ | 2010年9月27日 (月) 17時49分

お帰りなさい^^
どの写真も素敵なものばかりですね!
登山をした事がない私にとって未知の領域。ここでしか表現できない素晴らしい写真を拝見できるのは、凄く有り難い事です。
特に雲海を少しずつ照らしていく朝日とお供3体のシルエットが合わさった画、強く印象に残りました^^

投稿: 邪虎丸 | 2010年9月27日 (月) 21時06分

>Conyさん
この3匹を選んだ理由は特になかったのですが、いい感じにシュールな写真になってくれてよかったですw
雲海は本当にきれいでした! もっと広角のカメラがあればもう少し素晴らしさを伝えられたかもしれません・・・!

>たんさん
登山そのものは過酷ではないレベルのはずなのですが、寒さには参りました~。 今回は部品を無くすこともなく帰宅できたので、多分3匹は再びディスプレイに戻れることでしょうw

>のみさん
はじめまして! お褒めの言葉ありがとうございます~。
この3つをセレクトした自分をほめてあげたい気分ですね~。シュールさとゆるさが、どれもいい感じですw 今回は天気にも恵まれラッキーでした!
ところで、フィギュアの野外撮影ですが、非人間型であれば、野外撮影も比較的苦にならないのでお勧めですw

>邪虎丸さん
雲海は今回は本当に綺麗で感動しました。正直あれを撮れただけで、凍える寒さに耐えた価値はあったと思えるほどです~。それが見てくださる方にも伝わっていただけたのであれば本当にうれしいです!

投稿: kent@hobby-toy-web | 2010年9月28日 (火) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009815/36940122

この記事へのトラックバック一覧です: ダンボー、タチコマ、サキエル、北アルプスに登る。:

« ヱヴァ破の全記録全集を手に入れたぞ! | トップページ | KUBRICK キューブリック ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 第5の使徒 新劇場版のシャムシェルは大変にキモい。 »