« とらのあな 東方ソフビシリーズ12 なかよし空 思いのほかカリスマに溢れる霊烏路空! | トップページ | ねんどろいど レーシングミク付属 ねんどろいどCAR 今回は白が基調の痛ポルシェ! »

2010年10月21日 (木)

立体物だからこその、鑑賞する側の視点の面白さ。

今日は雑記だけー。

フィギュアを買ってきたら、いろんな角度から鑑賞して、おおー、ふむー、はわー、などと感想を漏らすのが毎度のことなわけですが、シルエットのカッコヨサ見つけてみるというのも面白いかもです。

Rimg0004
寝転がりながれ天井の部屋の明かりをバックにフィギュアを掲げて見るの図。こういうキャrクターの輪郭のカッコよさを楽しむというのも立体ならではような気がします。

私はしょっちゅうフィギュアを並び替えるのですが、そのときに手にとってさまざまな角度から鑑賞するのも楽しみの一つだったりします。いろんな視点から見ることで、普段飾っているだけで感じられない、立体物だからこそのフィギュアの魅力の奥深さを感じるのは、気のせいではないと思うのです~。

というわけで、立体物だからこその、シルエットの面白さ。でした。

|

« とらのあな 東方ソフビシリーズ12 なかよし空 思いのほかカリスマに溢れる霊烏路空! | トップページ | ねんどろいど レーシングミク付属 ねんどろいどCAR 今回は白が基調の痛ポルシェ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かにフィギュアを楽しむポイントは各々、色々とあるでしょうが、Kentさんの方法も面白いですね〜

自分は購入するときの一要素として、フィギュアの後ろ姿というのを少しだけですが気にしています。

まあ、バランスが良いというか、より完成度が高いフィギュアを購入したいと思うからなんですかね〜

投稿: たん | 2010年10月21日 (木) 22時18分

>たんさん
角度限定なフィギュアもたまにありますが、やっぱり立体物だからこそ、破綻のない3次元化の解釈をした品に心引かれるのはヲタの性でしょうかw 角度限定ならイラストと一緒ですもんね。

投稿: kent@hobby-toy-web | 2010年10月24日 (日) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009815/37324630

この記事へのトラックバック一覧です: 立体物だからこその、鑑賞する側の視点の面白さ。:

« とらのあな 東方ソフビシリーズ12 なかよし空 思いのほかカリスマに溢れる霊烏路空! | トップページ | ねんどろいど レーシングミク付属 ねんどろいどCAR 今回は白が基調の痛ポルシェ! »