« マリのプライズ品を修正中。 | トップページ | たこルカぬいぐるみシリーズ、初弾発射!! »

2010年12月28日 (火)

SEGAプライズ ヱヴァンゲリヲン新劇場版 プレミアムフィギュア Vol.3 真希波・マリ・イラストリアス 旧型プラグスーツVer ヘルメットがほしい・・・!!!

とさにっき~さん、 logicerrorさん、 よつばとフィギュアさん、 「エヴァ板とガイナスレ用だよ」Blogさん、 ANNEX(エヴァンゲリオン)さん、徒然Blogさん、はっちゃかさん、 火星のおもちゃ箱さん、レビュー紹介ありがとうございました!

今日は、昨日一枚だけ上げたSEGAプライズ ヱヴァンゲリヲン新劇場版 プレミアムフィギュア Vol.3 真希波・マリ・イラストリアス 旧型プラグスーツVerです。

R0013473
マリの旧型プラグスーツVerなフィギュアとしては最大級。

セガプライズシリーズの中でももっともハイクオリティなシリーズであるプレミアムフィギュア、新劇場版の第3弾は、旧型プラグスーツのマリと通常スーツのアスカ。同時に以前に出た第1弾のマリ綾波、そして第2弾のテストプラグスーツアスカのカラバリ(クリアの髪パーツ+光沢塗装)も出ていましたが、今回は新作のみゲットしてきました。

まずは全体を。

R0013465

R0013466

R0013467

R0013468

R0013469

R0013470

R0013471

R0013472
おそらく元々は貞本氏の描いたヤングエースの表紙イラストであるヘルメットを左手に担いだポーズだと思うのですが、コスト削減のためかヘルメットは省略されています。そのため左手を上げている意図が不明なポージングになっているのがちょっと残念。

いろいろアップー。

R0013462
フェイスは文句なしのマリらしさ。ただマリフィギュアの弱点は毎度毎度めがねだと思うのですが、この品もやはり太いフレームが気になったのでヤスリでチマチマと加工しました。
パーツを削ると塗装がはげて白い地が出てしまいますが、赤マジックでちょいちょいと塗るだけで大丈夫です。

R0013459
Vol.1のピンクスーツなマリでも同様に加工しましたが、こちらのほうが、パーツがふにゃふにゃしておらず、シャープに加工できます。数十分で出来るのでお勧め! あと一文字に結んだ口は灰色のスミ入れが入っていたのですが、少し不自然に感じたので、塗装落としたあと、ピンクで入れしなおしました。

R0013479
毎度毎度プライズ品とは思えない品質のプレミアムフィギュア。塗装のモッタリ感はアレですが、造形的には素晴らしいです。

R0013480
真正面から。若干細面気味ですが、違和感を感じるほどではなく。

R0013484
フレームを細くすると、さまざまな角度から瞳が見えるようになり飾り栄えします。

R0013481
メガネパーツはカンタンに取り外し可能です。気になる人は取り外してかけ直す旨の注意書きも入っていました。

R0013482
ちょっぴりメガネの幅が広め? ツルの部分がもう少し内側でもいいかも、、、。

R0013483
髪をかき上げようとしているポーズにも見えなくもないですね。

R0013476
窮屈な旧型プラグスーツ。

R0013447
背中もゴテゴテとしたパーツが。

R0013449
このおなか周りは、通常プラグスーツとあまり変わりないように見えます。

R0013448
マリにしては控えめな胸周りは、サイズが合っていないから。

R0013444
キルトのような分厚い素材の表現の足回りや腕の内側。この辺、通常プラグスーツは薄いゴムのような感じなので、少し古い型であるということを示す記号ですね。

R0013446
お尻周りはやっぱりプラグスーツらしいムチムチ感。

R0013407
こうやって見ると、パーツの厚みの表現や色、上半身と下半身のパーツの重なり具合などが、アスカのテストプラグスーツの対極としてデザインされているような気がします。

R0013416
手首についたパーツは本来はチューブが付いていますが、流石に省略。

R0013414
やっぱり、プラグスーツはフェティッシュ。。。

R0013475
マリフィギュアはプラグスーツではピンクスーツが数多くリリースされていますが、個人的には破の冒頭を飾ったこの旧型プラグスーツのほうが好きなので、こういうビッグサイズで出てくれるのは嬉しいです。ただ、このフィギュアに関しては、ヘルメットが省略されているのが本当に残念~。プライズ品は800円という制限がある中での開発のため、難しいのは重々承知ではありますけれども・・・!

さてさて、プレミアムフィギュアもvol3、プラグスーツのバリエーションは一通り出ましたが、残るは男二人、シンジとカヲル。まあ、普通に考えたら出ないとは思います。・・・それでもSEGAなら、、、、SEGASならやってくるはず、、、! そんな予感もするのですが、どうでしょうね?w

というわけで、SEGAプライズ ヱヴァンゲリヲン新劇場版 プレミアムフィギュア Vol.3 真希波・マリ・イラストリアス 旧型プラグスーツVer ヘルメットがほしい・・・!!!でした。

|

« マリのプライズ品を修正中。 | トップページ | たこルカぬいぐるみシリーズ、初弾発射!! »

フィギュア」カテゴリの記事

改造・製作・手作り」カテゴリの記事

コメント

さすがセガのプライズはクオリティが高いですね〜本当にヘルメットがないのは残念なところ。

自分はピンクのプラグスーツ派ですが、こうして見ると旧プラグスーツもなかなか、あの斬新なヘルメットもカッコいいですし。

魅力的なマリを見られて幸せです〜w

投稿: たん | 2010年12月31日 (金) 09時24分

>たんさん
プラグスーツ的なフェチシズムはピンクに劣りますが、ゴテゴテしたSF感あふれる造型がグリーンの魅力でしょうか。
ヘルメットは、、、同スケールで何かないでしょうかねw

投稿: kent@hobby-toy-web | 2011年1月 1日 (土) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009815/38250225

この記事へのトラックバック一覧です: SEGAプライズ ヱヴァンゲリヲン新劇場版 プレミアムフィギュア Vol.3 真希波・マリ・イラストリアス 旧型プラグスーツVer ヘルメットがほしい・・・!!!:

« マリのプライズ品を修正中。 | トップページ | たこルカぬいぐるみシリーズ、初弾発射!! »